最後まであきらめない

伊藤詩織さんの手記 『Black Box』 読みました。

 

セッションで過去世を聞かれることは

ここ数年ほとんどなくなってからも

自身の思考や行動に、無意識にも

制限や収縮をあたえてつづけるもの

それが「どこからか? なんでなのか?」

というご質問を頂いたとき

その理由は今をこえた

過去世にある場合がときどきあります

それは刻まれた記憶というより

血が覚えている、に近い感じ。

 

今世に影響を与える過去世

そこで浮かびあがる体験で、多く共通する状況が

戦争(双方)、ナチス収容所での迫害(双方)

レイプ(被害者)です。

 

戦争体験がエーテルに鮮明に刻まれると

体験の記録のかたまりは一定の振動を通して

気づくことのない微細さで波紋を送り

ひとは肌や意識のどこかでその振動に触れながら

このとき目の前を生きています。

 

戦争体験は そこで肉体を離れたら終わりではない

その影響は、多い少ないはあったとしても

もしかしたら全転世に その振動はゆき渡るほど

戦争は あらゆる人間体験のうちなによりも強烈で

それは爪のあいだに裁縫の針を刺し続けるみたい

想像外のインパクトが、継続性をもちながら

その衝撃は、拡大よりも、収縮と制限

自身がうみだす可能性よりも、

受容を選び生きるありかたに

ひとの意識をむかわせます

 

戦争という過ちから学び得た認識は守るべきもので

その認識が次なる戦争へのブレーキになり

より平和への意識を際立たせているのだとしても

また、人口の増加とバランスにおいて

それがなければ、ということは、あったとしても

わたしは戦争に、「必要性」としての意味は

いっさいみないです。

戦争も、まして原爆、 ほんとうに、ほんとうに

戦争を行うことの意味は 一寸一ミリもないと思っています。

 

戦争は、ひとの肉体や精神だけじゃなく

そのひとのエーテル層に

治癒しようのない傷を刻みつけます

戦争は、宗教や国家間の戦いなんかじゃない

経済支配と一体になって行われる

究極の暴力であり

その戦争と同じくらいの衝撃で

そのひとの存在すべてを

容赦なく鎌で切りつける行為が

レイプです。

 

それが過去世のことでなく

今この自身の身に起こったことで

そこで受けた恐怖と苦痛、

くまなくわたる 痛みと嫌悪の衝撃は

その後そのひとの日々をどれだけ変えて

どれほどの影響をあたえ

そのひとが、どんな想いを

自身の内に抱えられているのか

同じに感じることはできなくても

その痛みと衝撃を慮ること

とても重要に思います

 

価値のおきかた、取り扱いかた

軸となる秩序を失いばらけてしまった

いまにあっても

ひととして本来あたりまえに備わっている

自分以外の存在を思いやるこころ

それはお金よりも経済よりも発展よりも便利よりも

なによりも大事で、それがなければな

ぜったいにそこは 失ってはいけないところで

ひとをひとと思わないありかた

猫やわんこ生き物たちは、命じゃなくものとして扱われ

土地を生かし守る木々たちは いとも簡単に切り倒される

 

こころのないものやことやひとが

あたりまえのように目の前にひろがって

それがあたりまえに許されているようでも

じぶんは、ひとでありつづける

じぶんを、めのまえのそのひとを

わかろうとする

頭じゃなく、感情でもなく、

ハートから。

とても大切に、重要に、思います。

 

手記『Black Box』を刊行された

ジャーナリストの伊藤詩織さん

読み始めてから最後のページに至るまで

どのページからも、彼女の覚悟を感じました

向けられるバッシングや

政治的な理由で受ける攻撃への不安

なにより自身の負った傷口が

おもてへと出ることでさらに痛みが深まることも

覚悟のうえで

現行の司法システム、被害者に対して不寛容な

社会のありかたを変えようと

見えない権力構造にたちむかい

これ以上、大切なひとたちや

暴行にあい傷ついているひとたちを

自分と同じような目にあわせたくはない

その一心で 自身の体験を言葉にし

訴えられている詩織さん

彼女を動かしているのは

被害にあわれたひとたちが

報われないまま 苦しみのなかにいる

出口がみつからないままの 声なき声であり

なにより、彼女がそうして立ち上がることは

彼女が彼女であることの

最大の表明であり

 

勝手にだけど、感じることは

ほんとうにたくさんのひとの想いが 彼女をおしあげ

そしてもみの木みたい、ともにいて

その集まる想いは傷をおおい

彼女をすべてから守るように

葉にあかりを灯すのを、

大きな想いで温められているその確かさを、

彼女の存在から感じます。

感情からでもない、思考をこえた

たましいから動いている、

そのときひとは、絶対にひとりじゃない

 

本に書かれていた言葉、

「レイプは魂の殺人である。

それでも魂は少しづつ癒され、生き続けていれば、

少しづつ自分を取り戻すことができる。

人には力があり、それぞれに方法があるのだ。

私の場合その方法は、真実を追求し、

伝えることであった。... 」(p254 「Black Box」)

 

性暴力は 戦争とおなじに

そのひとの、肉体、精神、意識すべてへ

長きにわたってダメージを与え続けます

戦争、レイプ、暴力行為を

ひとりひとりの意識、

そして社会の総意、集合意識が

そんなこともどこかではあるのだと

どんな被害や痛み暴力も苦しみも

それを変わらず他人事として受容し続ければ

今後最終、その影響が最大にゆくところは

(いまもじゅうぶんに思うけど)

全てを生かしてくれている 地球であり

そこに生きている生き物すべて

この濁流と暴力の流れに

唯一ストップをかけられるのもまた

宇宙でも ガイドでもなく

いま生きているひとの、意識だけ。

 

なにがイエスで、なにがノーか

まわりがじゃない、ふつうはでもない

自分自身の認識を 明確にして

自分自身の意見 思いを、表明する

行動、言葉、表現を通して

ただ思い、ただ感じているだけでも

濃縮した一滴は、意識の渦へ投下され

その固有の振動は 全体へと伝わります。

 

詩織さんの訴え、

その声をひとりひとりが真摯にうけとり

世論が変化の必要性の同意へむかい

マスコミも 立ち上がり

深く暗くに巣食う腐ったもろもろが

芋づる式に掘り起こされて

陽の目へとさらされますように

おかしいを おかしいままにしない

あきらめない。

いつでも絶望しようとおもえばなきょうびだけど

それでもあきらめたら終わりだから

体はなれる最後の瞬間まで

あきらめないで、希望の方をみつづけて

この目の前のいまを、大切に、丁寧に、

一歩一歩。

 

アレックスの 残してくれたことば

いま あらためて 胸にひびきます。

 

 

『カンタ!ティモール』監督 広田 奈津子さんインタビュー

 

「自分たちの仲間が十人しか見えなくて、

対する物が巨大で、千人にも見えても、

いのちに沿った仕事というのは

亡くなった人の魂がついていてくれるから、

絶対に大丈夫。恐れずに進んで下さい。

仕事の途中でいのちを落とす事があるかもしれないけど、

それでも大丈夫だから恐れないで。

でもどうしても自分たちが十人にしか見えなくなって

不安になったら、僕たちのことを思い出して。

僕たちは小さかった。

巨大な軍を撤退させるのは奇跡だって笑われた。

でも最後には軍隊は撤退しました。

それは夢でも幻想でもなく、現実に起きたこと。

目に見えない力は僕らを支えてくれたから、

どうか信じて下さい。」