11月 億万のホタルイカの光

 

いつか会えなくなる前に

感謝や愛はおもいきり伝えたほうがいい

よく見たり聞いたりすることばだけど

会えなくなってことさらにおもうのは

愛と感謝を伝える、それ以上に

会えている、そのともにいる時間を

どれだけ愛しみ 大切にして

おもいきり味わい 楽しめるか

じぶんのほんとうを感じて

それをひっこめずに 表現できるか

そのほうが、はるかに大切

 

感謝でも、愛のことばでもなく

美味しいねって喜びあう 笑顔だったり

こうしよう、ああしたい、そういった

おもいつきを遠慮せずに口にしてみること

そのひとがうれしくなるとおもうことを

そのひとにすることをさけないこと

ともにいる、そのしあわせを 隠さないこと

 

そうしてじぶんが、ただあるがまま

最大に、じぶんでいるとき

そのひとといる

その純粋なよろこびと つきない愛が

感謝の箱につめられて

相手のこころへ、届くのだとおもう。

 

あたりまえに会えているときは

おもいきりそのときを味わうことを

あえてなんでかさけてしまう

それは、

そのひとが存在しない世界を想像できない

自分以上に大切に想うそのひとたちともいつかは

かならず別れは 訪れる

その会えなくなるときへの用心策?から

無意識にも、

今をしあわせに感じすぎないように

感じることをセーブしながらたのしくたのしむ

いまが幸せすぎなければ、

それを感じることがいつかできなくなったとき

あとにその落差がすくなくなる

そのために、なるべくいまを フラットに

 

みんなですごせる時間のかけがえのなさを

胸の内では激しくかみさまに感謝しながら

その貴重さを ひたすらに祈りながら

そこでのみんなとの実際の関わり方は、

自分自身のありかたは

つねにどこかセーブして、たんたんを意識して

はしゃぎすぎないで、喜びを求めないで

愛しさを隠して、うれしさをひっこめて

幸せを感じるアンテナを セーブして

そんなふう、ずっとわかれのときまで

わたしはいました

父にも、サンちゃんにも

同じころ別れを知った 智子さんにも

 

その自分よりも大切なひとたち

そのひとたちとあたりまえに会えて

あたりまえにときを過ごせていたそのときに

もっと、もっともっともっと幸せを

感じることを、それを感じ、その喜びを

あるがままにその場で表現することを

じぶんに許せていたら、よかったなぁと

9年以上ぶりになる携帯電話の交換の際

フォルダに残ってた

父との最後のおでかけの写真をみて

そう改めておもいました、しだいです

 

にじのわスケジュール更新しました

11月のスケジュールいちょう
ご予約可能日 ご予約フォーム

トキノネ  思い立つとき つぶやいています

 

みんなもどうか、

しあわせをかんじることをじぶんに許し

その幸せ、そのよろこびを表現することを

もっともっと、隠さないで、ひっこめないで

大切なひととともにいる その今しかない瞬間を

胸と愛を全開に、輝かせてください

それがほんとうの意味で、宝物になります。

じぶんにも、きっと、そのひとにも。