9月 消えてゆく時間軸

 

シグナルや粒子を通し

意識と物質へ影響をあたえる灰色圧

一方向へひとの意識をかっさらい

ロボット社会のさらなる確立を目指す

脚本ベースのドラマの茶番さ

それは稚拙で わかりやすすぎて

そのなりふりかまわない必死な様子から

彼らの存続への激しい危機感も感じます。

 

ただ、目にする(見させられる)大部分は

灰色の意図どおりの展開をみせてもいて

たえまのない操作と支配 制限の圧力に

自身の思考が無意識に影響をうけ

つくられたドラマにのみこまれているひとも

少なくないのかもしれません。

太陽が放射するエネルギーは 人類意識の反映でもあり

ここ数日の太陽黒点の増大や 大規模フレアの発生も

集合意識の状態を、太陽に見ることができます

 

そんな灰色芝居を 横目か遠い目にしながら

ヘビーメタルな8月を超えて

さらなる切り替わりのなかでみる はじまりの兆候

それはこれまで以上の鮮明さで

明るい確かな希望の光と 未知なる無限の可能性

その唯一のリアルであり 真実を

胸に 全身に、ひしひしと感じられているひとも

いまのとき、多くおられると思います。

 

見せられる虚構現実と いまこの瞬間の自身の真実

そのふたつを唯一つなげる(それももう消えかけている)

共有する時間軸を車線にし ことなる次元で並走しながら

それぞれの裏側、内の奥にあったものが 完全露わに

リバーシブルな それも反転のきかない状態で展開する

コントラスト強烈な 9月の始まり、

 

今年に入り、ほぼ息つく暇もないままに

この追いつけ追いこせの並走状態がつづくなか

ふたつがぶつかり交わる距離にいた場合

それは二人三脚状態ともいえて、

自身の軸を保ちながらも

いまぜんたいスムーズにいかなかったり

ひきづられるようなしんどさやきびしさを

感じられているかもしれません

 

その双方の足くびを結びつける紐にあたる

時間軸であり 制限は、

いよいよこれから ほどけはじめ

(灰色が必死の理由です)

このふたつを結ぶ紐が消えたとき

そのときいるのが、のこるのが

連れてこられた場所 つくられた自分でなく

自分自身であるならば、

 

あとはもう、もつれる足を気にすることなく

不要なしんどさはだいぶに消えて

ほんとうの軽やかさ、

しんの自由を 全身に漲らせ

自身のゆく道、自身の真実を

楽しみながら 味わいながら

ゆく道の一歩一歩

一心にほんとうを注ぎ走り抜けてゆく

そのとき並走していたイリュージョンは

自身のリアルに存在しない

そんなかんじの

分かれ目のときにきたと感じます。

どっちに残るか。

とても大切な 重要なとき。

自身の軸に留まり続けてください。

 

にじのわスケジュール更新しました

9月のスケジュール
ご予約可能日 ご予約フォーム

トキノネ  本気圧のときなどつぶやきます

 

どっちをみるか、

自分がみているものを 行くか 生きるか

誘惑や先導や操作に幻想そこかしこのなかも

どうしたってたしかなもの、

そちらにぎゅっと 目を、意識を

 

これからでゆけば、秋の日の美しさ

木々の色づきに 風の心地よさ

そんな魂がよろこびにうごくほう

そっちのほうへのフォーカスが、

この混沌のときを シンプルに真実にむかわせる

助けになると思います。