6月 メッセージ

 

映画『Arrival(邦題「メッセージ」)』

それは現実に本当にあって、そこに自分もいたかのように

映画を観終わったあとの余韻とは違う

その場所での体験と知覚がなお継続し

自分もそのメッセージを受け取ることで

意識が違う視点、領域にセットされる

スクリーンを通し 意識が多次元へとむかう

素晴らしい作品でした。

 

私のこころのベストスリー(映画)

十数年ぶりに入れ替わり、

燦々、救われる想いを 感じています。

上映は始まったばかり

ぜひ映画館での観賞をお勧めします。

言語を越えた想いひろがる作品ですが

映画を観られた方、

また感想共有しあえたら嬉しいです。

 

にじのわ 6月のスケジュール
ご予約可能日 ご予約フォーム

 

6月。いかに意識を今に自身に保ち続けるか。

胸と意識の目をしゃっきりに

どんなスクランブルがかかったなかも

それを影響の外で眺められるよう

自身の軸からの 振動の保持を。